Schedule

  • 朗読劇
    2021年10月7日〜11月14日

    女王がいた客室

    日比谷シアタークリエ

    『女王がいた客室』を愛してくださっているお客様へ

    「夢が叶うホテル」が再び戻って参ります。思い起こせば、この作品はVOICARIONシリーズ最初の一作でございました。日本のブロードウェイとも言える日比谷のシアタークリエにおいて初めての朗読劇シリーズの幕開けに相応しい物語とは何だろう。どのような物語でお客様を迎えよう。何か「夢のある物語」がいい。でも「大人の人がうっとりするような夢」がいい。そして「クリエに相応しい高級感のある物語」がいい。色々と考えを巡らせてはみたものの、その答えは僕を育んでくれたヨーロッパの冬を覆う分厚い雲の先にあるような気がして、手をのばしても曇天が晴れることはありませんでした。それなら、気晴らしに旅へ出かけようとたどり着いたのが、日本・英国と合わせて第三の母国と言えるフランスのパリでした。以前、住んでいた実家はすでになく、旅人としてパリに降り立った僕は、常宿のル・ムーリスに宿泊しました。そこで、チェックインした瞬間に僕の想像力にまとわり付いていた雲は薙ぎ払われました。フランスは様々な亡命貴族を受け入れてきた国であり、このムーリスもそんなシェルターの役目をしたホテルの一つです。「ロマノフの没落貴族だけのホテルがあったらどうだろう?」「貴族であったことなど、全て忘れてしまったある日、本物の皇太后陛下が訪ねてきたらどうなるだろう?」「彼らの夢とは何だろう」次から次へと、イメージが湧き始め、部屋の中でイメージが消えてなくなってしまわぬように必死に書き続けたことを覚えています。音楽監督の小杉紗代さんも、この台本が出来上がってから、わざわざムーリスへ行き、僕が作品中で描いたパリの「黄金の夜景」を目にして作曲をしたと聞いています。こうして、旅のはてで完成したのが『女王がいた客室』です。そして竹下景子さんを中心に声優をはじめあらゆるジャンルのトップレベルが集結し、お陰様でVOICARIONの看板作品となりました。

    2020年、待望の再演となりまして、チケットは完売し、あとはお客様を待つのみという開幕前日、「大規模イベントの自粛」が要請され、初日を除いて配信のみの公演となってしまいました。それでも全国のお客様から連日、多くのメッセージを頂き、僕たちはそれを座席に貼り付け上演を続けました。竹下景子さんをはじめ、全てのキャストが一度は客席に降り、メッセージに涙し、「ここにお客様はいる」と全力で演じきった姿を僕は一生忘れないでしょう。 そして、ついに今秋、この偉大なるホテルの扉が再び開きます。今回はVOICARIONにとっても5周年ということもありトーク&ライブの催し物もご用意いたしました。皆様のご滞在が最高のものとなりますよう、スタッフ・キャスト共に最高のおもてなしを致します。

    ご宿泊、お待ち申し上げております。ご予約はお早めに・・・。

    原作・脚本・演出
    藤沢文翁

    Mesdames, Messieurs,

    J’ai appris que Monsieur Fujisawa et Madame Kosugi s’étaient inspirés du Meurice pour écrire et composer la pièce “La Chambre où la Reine était là”. Le Meurice, joyau de Dorchester Collection, accueille depuis près 200 ans les artistes et les grands esprits de leur temps. Je suis profondément touchée de savoir que cette tradition traverse les frontières et serve d’inspiration et de réflexion à travers l’art.

    L’art a le pouvoir de nous offrir une parenthèse et de nous l’approprier chacun à sa mesure. Je ne doute pas que cette pièce apporte une touche de rêverie et de magie auprès de vous tous.

    Je serais honorée de vous accueillir un jour au Meurice, l’hôtel où les vœux se réalisent, comme dirait votre Reine.

    Sincèrement,
    Franka Holtmann


    日本の皆さま

    音楽朗読劇『女王がいた客室』を書かれた藤沢さま、作曲された小杉さまは、作品を創作するにあたり、ル・ムーリスよりインスピレーションを受けられたとお聞きしました。
    ル・ムーリスは、ドーチェスターコレクションの一ホテルとして、200年に渡り、それぞれの時代の芸術家と思想家をお迎えしてきました。その歴史が国境を越え、芸術を通してインスピレーションと考察の元となったことに深く感銘を受けています。

    芸術は私たちに非日常の時間を与える力を持っています。そしてその芸術を私たちはそれぞれの想いで解釈することができます。この作品は、皆さまにきっと魔法と夢を与えてくれることでしょう。

    いつか皆さまをル・ムーリスにお迎えできる日を楽しみにしています。皆さまの女王が滞在された、この願いが叶うホテルに。

    感謝と敬意を込めて。

    ル・ムーリス総支配人
    フランカ・ホルトマン

     

    アレクサンドル・パーレン(アレックス)

    「宿泊すると願いが叶うホテル」と言われているホテル・バッサーノのコンシェルジュ。NOと言わないコンシェルジュと呼ばれている。10年前のロシア革命から亡命してきた貴族。かつての身分を隠し、今ではただの従業員に成り下がっている。元の貴族に戻るのが夢。キャスト安元洋貴(10/7)、山口勝平(10/8)、諏訪部順一(10/9)、豊永利行(10/10)、
    梶裕貴(10/11)、鈴村健一(10/12)、朴璐美(10/13)

    マイカ・デミドフ

    かつてのロマノフ王朝の貴族。ロシア革命の時財産も爵位も失い、今ではマダムの召使いのようなことをしながら生きている。女にモテ、ギャンブルと酒が好きなプレイボーイであり、キレもの。ロマノフ家が存続していたら、さぞいっぱしの外交官になっていたであろう。キャスト保志総一朗(10/7)、小野大輔(10/8)、中村悠一(10/9)、福山潤(10/10)、
    津田健次郎(10/11)、浪川大輔(10/12)、緒方恵美(10/13)

    エレオノーラ

    ホテル・バッサーノの客室係。やる気のない従業員。ホテルのことは何も知らない。売れない役者で、ホテルで働きながら夢を追いかけている。天真爛漫な性格で、勝気。ロシア革命のことも知らず、帝政ロシアのこともあまり知らない、いわゆる新人類。謎のマダムに気に入られて、振り回されるようになる。キャスト三石琴乃(10/7・9)、沢城みゆき(10/8・10)、高垣彩陽(10/11~13)

    マダム

    黒いベールで顔を隠している老婆。実はマリア・フョードロヴナ。ロシア皇帝アレクサンドル3世の皇后。現実逃避し妄想の世界に生きており、そのせいで周囲から孤立し孤独に生きている。ロマノフ王家の風格を持つ最後の貴族。キャスト竹下景子(全公演出演)

    CREATIVE & STAFF

    原作・脚本・演出
    藤沢文翁
    作曲・音楽監督
    小杉紗代
    照明
    久保良明(エヂソンライトハウス)
    美術
    野村真紀(東宝舞台)
    音響
    大野美由紀(東京音響通信研究所)
    衣裳
    大戸美貴(東宝舞台)
    ヘアメイク
    宮内宏明・生井裕子(M’s factory)
    特効
    星野達哉(スパーク)
    舞台監督
    山本圭太(ザ・サムシングエルス)
    制作
    加藤葉子
    プロデューサー
    吉田訓和・白石朋子
    公式サイト:https://www.tohostage.com/voicarion/2021queen/index.html
  • 朗読劇
    2021年12月25日(土) 開場12:30 開演13:30 / 開場16:45 開演17:45 12月26日(日) 開場12:00 開演13:00 / 開場16:30 開演17:30

    『Chèvre Note~Story From Janne dArc~』(シェーヴルノート)

    舞浜アンフィシアター

    羊飼いの娘であったジャンヌ・ダルクは
    ある日、神の神託を受け
    神の声が聞こえるようになり
    お告げのままにフランス軍を率い
    フランス軍を勝利に導いたと伝えられている・・・
    しかし・・・
    それは全てある男の書いた筋書き
    偽りの物語だった・・・
    百年戦争末期のフランスを舞台に人と悪魔が織りなすダークファンタジー
    今、世界で最も呪われた愛の物語が幕をあける・・・

    ジル・ド・レ:小野大輔

    アランソン:梶裕貴

    ジャンヌ・ダルク:沢城みゆき

    ラ・イル:梅原裕一郎

    シャルル7世:津田健次郎

    リッシュモン:諏訪部順一

    グラシャ=ラボラス:大塚明夫

    『Chèvre Note~Story From Janne dArc~』(シェーヴルノート)
    日時:
    2021年12月25日(土) 開場12:30 開演13:30 / 開場16:45 開演17:45
    2021年12月26日(日)  開場12:00 開演13:00 / 開場16:30 開演17:30
    会場:舞浜アンフィシアター

    原作・脚本・演出:藤沢文翁
    作曲・音楽:村中俊之
    出演:小野大輔(ジル・ド・レ)、梶裕貴(アランソン公)、沢城みゆき(ジャンヌ・ダルク)、梅原裕一郎(ラ・イル)、津田健次郎(シャルル7世)、諏訪部順一(リッシュモン大元帥)、大塚明夫(グラシャ=ラボラス)
    プレイガイド:ぴあ
    (税込):プレミアムシート¥19,800(前方席、プレゼント付) / 指定席¥9,800
    ※購入者全員特典オーディオドラマ付
    受付期間:2021年10月1日(金)正午~10月17日(日)23:59

    公演に関するお問合せ
    KMミュージック 045-201-9999(平日:月・水・金11:00~13:00)

    公式サイト:https://readinghigh.com/chevrenote2021/
  • ミュージカル
    2022年6月

    ミュージカル CROSS ROAD

    日比谷シアタークリエ

    Introduction

    シアタークリエ・帝国劇場・全国の大劇場で例年上演を続けている、音楽朗読劇VOICARIONヴォイサリオンシリーズで原作・脚本・演出を手掛けている藤沢文翁。

    物語と音楽が互いを高め合い、観る者の心を揺さぶる、劇作家・藤沢文翁が創り出す作品は、かねてより「歌わないミュージカル」と評されてきました。

    そんな藤沢文翁オリジナル作品の一つであり、東宝初の朗読劇として2012年にシアタークリエで上演した『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』を、満を持してミュージカル化!

    ミュージカル界をけん引するスターキャストを迎え、東宝が贈る、
    本格オリジナルミュージカルです!!

    〜悪魔と呼ばれた天才ヴァイオリニスト〜ニコロ・パガニーニ
    相葉裕樹 / 水江建太(Wキャスト)
    1782年イタリアのジェノヴァに生まれる。幼い頃からヴァイオリンの才能を開花させ、「天才」と言われ続けるも、「自分の才能がないことを知るくらい才能があった」パガニーニは、誰よりも自身の才能の限界を突きつけられ育つ。やがて家族や周囲の期待が彼を追い詰め、結果的に街外れの十字路で、音楽の悪魔アムドゥスキアスと血の契約を結んでしまう。それは、「命」と引き換えに天才だけが奏でられる「最高のメロディー」を100万曲演奏できるというものだったが、その先に待つのは死。やがて彼が奏でるメロディーは命の砂時計のように、残り少ない命の残り時間を刻んでゆくのだった。
    〜音楽を司る悪魔〜アムドゥスキアス
    中川晃教
    ソロモン72柱の魔神にして29の軍団が長(おさ)、地獄の公爵。音楽を愛し、音楽を授け、音楽を司る悪魔。軽快な話術と、紳士的な態度で、音楽を求め音楽に苦悩する若き音楽家に忍び寄り、血の契約を提示する。様々な方法で人を堕落させる72柱の魔神たちの中で唯一、魔性の音楽で人間を堕落させる珍しい悪魔。その一挙一動にリズムがあり、一言一句にメロディーが溢れているが、時折隠しきれない魔神の恐ろしさを垣間見せる。音楽で溢れたこの時代において、パガニーニに特に執着しており、彼を自らの最高傑作とすべく、彼と彼に関わる人間たちを翻弄してゆく。

    ~自由に音楽を愛するジプシーの娘~アーシャ
    早川聖来(乃木坂46)
    19世紀のヨーロッパにおいて、様々な音楽家に影響を与えた流浪の民の一人である。最初はパガニーニの純粋なファンであり、楽屋や劇場に忍び込んではパガニーニの音楽を盗み聞き、何度となくパガニーニに「劇場猫」と罵倒され、つまみ出されるが、懲りることはない。やがて、パガニーニやその恋人エリザが抱える苦悩に気づくようになり、パガニーニの良き理解者となる。天真爛漫でへこたれず、底抜けに明るい態度は時にパガニーニを苛つかせ、時にパガニーニの支えとなる。天才ではないが、流浪の旅で覚えた様々な楽器や音楽を知っている。
    ~ナポレオン皇帝の妹~エリザ・ボナパルト
    青野紗穂
    ナポレオン・ボナパルトの妹。アムドゥスキアスの差し向けたファム・ファタルとして登場する。眉目秀麗で頭の回転も早いが浪費家。また退屈な王宮の生活に飽き飽きしており、常にスリルを求めている。彼女との自堕落な生活の中で、パガニーニは命(音楽)を無駄に削ることになる。やがてパガニーニを心の底から愛するようになったエリザは、自分の存在がパガニーニを死の淵へ追いやってしまっていることに気付き、「アムドゥスキアスの思い通りにはならない」と断腸の思いでパガニーニを追放する。
    ~パガニーニのヴァイオリンの師~コスタ
    畠中 洋
    幼い頃からのパガニーニのヴァイオリンの師。社交的で明るい人物であるが、中身は俗物的なところがある人物で、良くも悪くも現実的。音楽に関して非常に鋭い感性と洞察力を持っており、パガニーニが自らを「天才にはなれない」と言う、彼の限界にも気づいている。悪魔と契約したパガニーニの演奏を聴いて、最初にその異変を察知する人物。
    ~パガニーニに仕える執事~アルマンド
    山寺宏一 / 戸井勝海(Wキャスト)
    パガニーニの忠実な執事であり、音楽にはかなり詳しい。 パガニーニからは「パロマ一の頑固者」と言われるほど堅物であり、年齢はパガニーニより年上であるため、執事でありながらパガニーニを時に叱り、時に励まし、影となり、日向となり支えてきた。パガニーニが死んだ今でさえ、無人となった屋敷とパガニーニの残り香を守っている。非常に紳士的な人物であり、ジプシーであるアーシャにも誠実に接し、彼女のことを十字路の悪魔から守ろうとする。「悪魔」と人から遠ざけられた、今は亡きパガニーニの物語をストーリーテリングする役どころである。
    ~心優しきパガニーニの母~テレーザ
    香寿たつき
    パガニーニの母親。貧しい生活の中でも力強く家族を守り、ささやかな幸せを大切にしている。息子を貧しい生活からヴァイオリンの腕一つで抜け出させたいと願う一心で、ジェノヴァで最高のヴァイオリン教育を受けさせる。パガニーニの幸せをただただ祈っている母親。パガニーニの「僕を誇りに思う?」という問いかけに「sempre…(いつもよ・・・)」と答えてきた。次第に苦悩しながら演奏するようになる息子を心配している。パガニーニが「天才」と呼ばれようと「悪魔」と呼ばれようと、いつも変わらず彼を応援し続ける優しい母親であるが、芯の部分はとても気丈であり、彼女のある行動がパガニーニを救うきっかけとなる。

    Ensemble

    • 荒居清香
    • 小倉優佳
    • 趙 京來
    • 德岡 明
    • 中野亮輔
    • 増山航平
    • 宮田佳奈

    CREATIVE&STAFF

    原作・脚本・作詞・演出
    藤沢文翁
    作曲・音楽監督
    村中俊之
    音楽スーパーバイザー
    塩田明弘
    美術
    野村真紀(東宝舞台)
    照明
    久保良明(エヂソンライトハウス)
    衣裳
    大戸美貴(東宝舞台)
    音響
    大野美由紀(東京音響研究所)
    ヘアメイク
    宮内宏明(M’s factory)
    振付
    楢木和也(梅棒)
    歌唱指導
    市川祐子
    音楽監督助手
    大隅一菜
    稽古ピアノ
    石川花蓮
    演出助手
    末永陽一
    舞台監督
    山本圭太(ザ・サムシングエルス)
    制作
    上村幸穂・加藤葉子
    プロデューサー
    白石朋子・吉田訓和
    製作
    東宝株式会社
    公式サイト:https://www.tohostage.com/crossroad/
  • アニメ
    2021年公開予定

    藤沢文翁が脚本で『DEEMO』劇場版アニメに参加しました。


    全世界累積2300万ダウンロードを突破したスマートフォン用音楽ゲームアプリ『DEEMO』の劇場版アニメ製作プロジェクトが、米ニューヨークで開催中の『ANIME-NYC 2019』で15日(現地時間)、発表された。2020年の完成を予定している。

    公式サイト:https://deemomovie.jp
  • アニメコミック原作提供朗読劇
    2021年

    MARS RED アニメ化

    エンディング・テーマ:「ON MY OWN」/HYDE(Virgin Music)

     

    オープニング・テーマ:「生命のアリア」/和楽器バンド(ユニバ―サル シグマ) 配信中:https://wgb.lnk.to/aria_of_life

     

     

     

    全世界で初めて、朗読劇からアニメが誕生!

    2013年に上演された藤沢朗読劇の一つMARS REDがアニメ化されることが決定しました!

    音響監督は劇作家・舞台演出家の藤沢文翁 自身が担当し

    音楽は、藤沢朗読では作曲・音楽監督を担当し続けている村中俊之

    メインビジュアルを『曇天に笑う』や『煉獄に笑う』の漫画家・唐々煙先生

    キャラクターデザインは『ノルン+ノネット』の竹内由香里さん

    構成・脚本には『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』や『BLOOD+』の藤咲淳一さん

    アニメーション制作はIGポートグループのSIGNAL.MDが行うことになりました。

    「MARS RED」公式アニメサイト:marsred.tv

    「MARS RED」公式プロジェクトポータルサイト:marsred-pj.net

    「MARS RED」公式アニメTwitter :@marsredtv

    ●キャスト
    栗栖秀太郎(CV:畠中祐)
    前田義信大佐(CV:諏訪部順一)
    山上徳一(CV:山寺宏一)
    タケウチ(CV:石田彰)
    スワ(CV:鈴村健一)
    中島 宗之助(CV:家中宏)
    白瀬 葵(CV:折笠富美子)
    デフロット(CV:沢城みゆき)
    岬(CV:高垣彩陽)
    ルーファス・グレン(CV:古川慎)
    天満屋慎之助(CV:國立幸)

    <以下、コメント全文掲載>
    【原作・音響監督:藤沢文翁】
    僕の原作の MARS RED がアニメとなり日本や世界へ飛び立つことになりました。音楽朗読劇として産声をあげた本作が、唐々煙先生の絵で漫画化され、アニメ化された事は新たなるメディアミックスの幕開けです。また音響監督も担当することになり、音楽作曲には盟友の村中俊之氏!全てに感謝です!

    【キャラクター原案:唐々煙】
    アニメ化おめでとうございます!藤沢朗読劇の中でもMARS REDはとくに設定やキャラ関係も多く、アニメで動くのを見てみたいと思 っていたので、今からめちゃくちゃ楽しみです。 いろんな人が一丸となって作り上げているこの世界、その中にいさせてもらっていることを心から 嬉しく思います。 見てね!

    【シリーズ構成・脚本:藤咲淳一】
    当初、今作への参加の打診を受けて思ったのは、朗読劇は言葉によって観客の頭に絵を描いていくもの。だからこそ「書く」ではなく脚本を「描く」ことを心がけました。魅力ある世界と人物たちが織りなす新しい舞台を文翁くんと一緒に作り上げました。お楽しみに。

    【音楽:村中 俊之】
    アニメ化決定おめでとうございます!藤沢さんとたくさんの朗読劇を作り上げてきて遂にここまできました…一話一話に愛情と手間がすごいです笑 MARS REDめちゃくちゃ音楽かっこいいな?って言ってもらいたいです!褒められたい!!!笑 頑張ります…!

    【アニメーション制作:SIGNAL.MD 代表取締役社長・森下勝司】
    藤沢文翁さんと知り合った頃「いずれ藤沢さん原作の朗読劇をアニメ化できるといいですね」と話をして早幾年、ついにこの日を迎えることができとても嬉しく思います。このアニメ業界でも初 と言っていい試みをどうぞ温かく応援、支えていただけますと幸いです。

    『MARSRED』2021 年アニメ化決定
    ◆スタッフ
    原作:藤沢文翁
    監督:羽多野浩平
    シリーズ構成・脚本:藤咲淳一
    キャラクター原案:唐々煙
    キャラクターデザイン:竹内由香里
    音響監督:藤沢文翁
    音楽:村中俊之
    アニメーション制作:SIGNAL.MD
    (C)藤沢文翁/SIGNAL.MD/MARS RED 製作委員会

    公式サイト:https://marsred.tv
TOPへ