藤沢文翁(ふじさわ ぶんおう)

Bun-O FUJISAWA

劇作家・舞台演出家
英国 ロンドン大学 ゴールドスミス演劇学部卒

東京都港区六本木生まれ。
英国朗読劇を独自に改良した「藤沢朗読劇」と呼ばれる音楽朗読劇を中心に活動を続けている。
高校卒業後パリで2年間過ごした後、渡英。
ロンドン大学ゴールドスミスの演劇学部に入学し、同大学にて戯曲脚本・演出術を学び卒業。
ロンドン大学より学位( Bachelor of Arts Drama and Theatre Arts )を授与された。
在学時代からロンドンを拠点に演劇活動を開始し注目を集め、2005年12月4日、日本人として初めて英国ロンドンのKings Head劇場でHYPNAGOGIAを上演し劇作家デビュー。以降シアタークリエ、舞浜アンフィシアター、国際フォーラム ホールA、日本武道館、帝国劇場など様々な劇場でオリジナル作品の上演を続けている。バイリンガルであり、国内外で活動し続けるアーティストである。
常に「0から1を生み出すこと」をテーマとしており、オリジナルストーリーにこだわっている。現在は東宝主催 クリエプレミア音楽朗読劇VOICARION、Production I.G主催Theatrical-Live、そしてソニー・ミュージックエンタテインメント主催 READING HIGHの原作・脚本・演出を担当し、音楽朗読劇の第一人者と評され、公益社団法人日本演劇興行協会より「従来の朗読劇の概念を打ち破る藤沢朗読劇を確立した」として助成金を授与される。
また彼の生み出してきた戯曲は、ゲーム化やコミカライズ、アニメ化など様々な展開を見せており、それら作品において作詞や音響監督も務めている。自身が育った西洋の芸術文化のみならず、日本の古典芸能も精通しており、昨今では能楽五流派の一つ、喜多流(公益財団法人 十四世六平太記念財団)の理事に就任している。

受賞歴
* 第30回(2017年度) 公益社団法人日本演劇興行協会賞 音楽朗読劇の確立と発展への貢献に対して
* 第十五回声優アワード シナジー賞  プレミア音楽朗読劇「VOICARION IX 帝国声歌舞伎~信長の犬~」



Bun-o Fujisawa

PLAYWRIGHT
& THEATRE DIRECTOR
& LYRICIST
Original author of Japanese anime MARS RED.
Graduate of Goldsmiths, University of London BA, Drama and Theatre Arts
Debuted in London as playwright in 2005.
Upon return to Japan, he has created a new genre of play “FUJISAWA READING THEATRE”, a form of recitation drama using live music and special effects with voice actors from the Japanese “Anime”.
FUJISAWA READING THEATRE has been series of success, selling out major theatre such as the Theater Crie (Hibiya), Maihama Amphitheater,Nippon Budokan, The Imperial Theatre,and International Forum Hall A (Yurakucho). It is now the largest series of recitation drama.
Cast of the Sound Theatre is uniquely diverse, spanning from the modern form to the traditional form of Japanese entertainment.

Black Teddy

藤沢文翁 公式マスコット
【Black Teddy】

NAME:BLACK TEDDY
BIRTHDAY:2005年12月4日

Design: Sayo Muroi
TOPへ